私の行きつけの歯医者

私は行きつけの歯医者があります。そこはとても先生が優しく、虫歯とか取る時もそんなに痛くないように麻酔をしてくれます。とても麻酔をする時にもあまり痛くないようにしてくれ、上手です。
だから患者さんがいつもいっぱいです。予約をしていても、30分から1時間は待たされたりします。
予約をしているのに、1時間くらい待たされた時には、とてもイライラして、違う歯医者を探そうかと思ったりも、したけれど、やはりその先生がとても上手なので、そこに行ってしまいます。待合室には、いろいろな雑誌が置いていますので、それらを読んで時間をつぶしています。
歯科 下北沢
1年に1回歯石もとってもらいます。その時には葉書で、知らせてくれます。
歯科助手の人が歯石を取るのですが、歯石を取る時もあまり、痛くないように取ってくれるので助かります。私はとても痛いと感じるのが、嫌いみたいです。
取った後には、必ず先生がチェックしてくれ、虫歯があるかどうかもチェックしてくれるので、安心です。ぬかりなく銀歯とか、隅々まで、必ずチェックしてくれます。

見た目だけではない ホームページ制作の大事な話

ホームページ制作において、見た目や内容にこだわる人がよくおられます。デザインを凝ったものにしたい、Javascriptなどを導入してスゴイサイトを作りたい、オシャレにしたいなど。もちろんそれも大切な事ですが、まずは人に見てもらえなければ全く意味がありません。要は宝の持ち腐れになってしまうと言う事です。
SEOと言う言葉をご存知でしょうか。まずは初心者のうちであればこれを意識する事が最優先と言えます。ただ見栄えをよくするだけでは自己満足で終わってしまう可能性が大きいです。

SEOとは、訪問者を増やすために検索エンジンから来てもらうための工夫をする事。これはかなり奥が深く、競合相手との差別化が強いられてくる難しいものですが、基本を押さえれば改善される点はかなりあります。
まず、タイトルを大切にする事。ホームページのタイトルや記事・見出しのタイトル、これがかなり重要です。よく「つかれた~」「今日は最高でした!」「お得な情報」など、非常に短絡的な文章をタイトルにしている方が見受けられますがこれはかなりもったいない事をしています。まずタイトルだけで内容が見えてくるような文章にする事が優先されます。たとえばブログタイトルが「つかれた~」であれば、一体何に疲れたのか、何をしたのか、苦労した原因は何かなど。これを具体的にタイトルに含めるだけで、検索エンジンへキーワードを知らせる事ができます。結果として検索エンジンから訪問者が来てくれる可能性が増えるのです。

ホームページ制作には、SEOを含めたトータルな対応が必要です。
ホームページ制作料金にそういった内容が含まれているかも重要です。
見た目や内容以外の部分にもぜひ、注目してみて下さいね。